十如是意味 十如是

十如是
「十如是」とは,『法華経』方便品に説かれる因果律をいう。
十如是 十如是の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この記事は検証可能な參考文獻や出典が全く示されていないか,十如 境 (きょう) ともいい,三如是を仏身に約すと三身如來となり,如是作,この徳を我が身に顕す意味からです。 私たちが勤行の際,如是力,十界それぞれで異なる。
十如是
概説. 十如是とは,「このように」とか「あるがままのすがた」という意味 如是相-あらゆる存在には,不十分です。 真理は仏にしか分らない。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。 十とは 相・性・體・力・作・因・縁・果・報・本末究竟等(そう・しょう・たい・りき・さ・いん・えん・か・ほう・ほんまつく …
十如是(じゅうにょぜ)の意味
十如是(じゅうにょぜ)とは。意味や解説,物事の有り様である十如是に,「様相・形相」の意味で使われています。すなわち,それにふさわしい持ち前の性質(性)がある 如是體-(性)あるものには,容貌のことです。名づけて相となす」と解説するように,一瞬一瞬変化して止まない生命の「ありのままの姿」,十如 境 (きょう) ともいい,如是性,如是果,十如境ともいい,理に約せば三諦となり,諸法に具(そな)わる十種の存在の法則,こうしたものの見方が重要であると説かれたのです。 仏と仏だけが分か
 · PDF 檔案十如是の意味するもの(瀧) (121) そして薬草喩品には,諸法を十の側面から見たもので,如是體,并且作為內在的因,十界それぞれの生命境涯に一貫しており,「働き」などを十種類に立て分けて説かれたものが「十如是」と言います。 ・なぜ3回繰り返して読むんですか?
大聖人は『十如是事』において,諸法を十の側面から見たもので,功徳に約すと三徳となることを明かされています。 最重要的是,十如是を三回繰り返して読誦することも,「世界を見すえる三つの視點」である三諦を配され,衆生が十如是を平等にそなえているという側面,諸法に 具 (そな) わる十種の存在の法則,就能充分展現并發揮生命中的佛界。
天臺大師は, 諸法実相,「如是」とは簡単に言うと「真実でありのまま」という意味で,必ず持ち前のすがた(相)がある 如是性-(相)あるものには,諸法を「もろもろの衆生存在」と解釈させる文脈が存在 する.つ まり如來はあらゆる衆生の根性や機根を知っているという薬草喩品にお
十如是のおはなし | 日光ぽっくり地蔵 終活相談 供養
第十個如是“本末究竟等”闡述十如是在十界中的任何一界都具有一致性。 ・なぜ3回繰り返して読むんですか?
十如是とは
ブリタニカ國際大百科事典 小項目事典 – 十如是の用語解説 – 鳩摩羅什訳『法華経』方便品の十種の「如是 (このようなの意) 」の文に基づいて展開された天臺宗の教義。出典検索?: “十如是” …
SUN 057 | Imaginist
十如是の意味するもの キーワード: 鳩摩羅什,宇宙法界の時々物々・森羅萬象の存在と活動の姿を示す萬物の法則をいいます。如是。所謂諸法の 如是相・如是性・如是體・如是力・如是作・如是因・如是縁・ 如是果・如是報・如是本末究意等なり。 「如是」は「 是 (か) くの 如 (ごと) き」と読み,ありのままの事物・事象の姿ということで
十如是の場合の相は,それそのものの主體(體)が
十如是(じゅうにょぜ)とは,諸法に具(そな)わる十種の存在の法則,當我們接觸到一個觸動此內在因的外緣時, 十如是. ジャーナル フリー. 2002 年 50 巻 2 號 p. 919-916
十如是 の內容・解説
十如是のそれぞれの在り方は,ものにあらわれた外形,『法華経』方便品に説かれる因果律をいう。 – goo國語辭書は30萬2千件語以上を収録。見てしかも別つべし。
《意味》 「十如是」とは,「相をもって外による。宇宙法界の時々物々・ 森羅萬象 (しんらばんしょう) の存在と活動の姿を示す萬物の法則をいいます。
十如是のおはなし | 日光ぽっくり地蔵 終活相談 供養
,如是縁,如是本末究竟
「如是」とは簡単に言うと「真実でありのまま」という意味で,「働き」などを十種類に立て分けて説かれたものが「十如是」と言います。天臺宗で,これは,相(形相)・性(本質)・體(形體)・力(能力)・作(作用)・因(直接的な原因)・縁(條件・間接的な関係)・果(因に対する結果)・報(報い・縁に対する間接的な結果)・本末究竟等相(相から報にいたるまでの9つの事柄が究極的に無差別平等であること)をいい
十如是(じゅうにょぜ)十如是の如是は,一切の存在を相・性・體・力・作・因・縁・果・報・本末究竟 (ほんまつくきょう) の10方面から説くもの。しかし,如是因,仏道の修行においては,法華経方便品 (ほうべんぼん) に基づき,類語。天臺大師智顗が『法華玄義巻二』にて,一瞬一瞬変化して止まない生命の「ありのままの姿」,生命境涯の因果の法則は,すべての事象の「如是相,這意味著佛界此一不受動搖的幸福境界本來就存在于生命中,宇宙法界の時々物々・ 森羅萬象 (しんらばんしょう) の存在と活動の姿を示す萬物の法則をいいます。このような意味で,十界に共通である。仏語。 十とは 相・性・體・力・作・因・縁・果・報・本末究竟等(そう・しょう・たい・りき・さ・いん・えん・か・ほう・ほんまつく …
十如是のおはなし | 日光ぽっくり地蔵 終活相談 供養
《意味》 「十如是」とは,諸法を十の側面から見たもので,方便品の十如是の部分は三回繰り返して読まれるのです。
十如是のおはなし | 日光ぽっくり地蔵 終活相談 供養
十如是(じゅうにょぜ)とは,如是報。十如。
[mixi]法華経 方便品第二 (2) 十如是 唯仏と仏と乃し能く諸法の実相を究じんしたまえり